交通事故に遭ったら

まずやることは?

証拠の確保

 不慮の事故にあった場合、まずは証拠を確保しましょう。
 具体的には、相手に免許証の呈示を求め、運転者の氏名の確認する車検証の提示を求めるなどして、相手車両の番号を確認する、互いの車等の損傷状況をメモする(写真が撮れればベター)、目撃者がいれば、目撃者の氏名・連絡先等の確認をするなどです。

警察への連絡

 必ず警察を呼びましょう。
 相手が嫌がる場合がありますが、警察に届けないと,後に事故証明書(警察が事故を取り扱った事実を証明する書類)の発行を受けることができず、保険会社に保険金を請求することが困難になります。
事故の相手から、警察を呼ばずに現金でその場で示談しようという申出を受けるかも知れませんが、よほど些細な物損事故でもない限り、このような示談に応じることは、お勧めできません。
 後のトラブルを防止するためにも、必ず警察を呼びましょう。


その後の解決までの流れは?

 どんな事故だったか(物損事故・人損事故・死亡事故)、相手方が任意保険に入っているか否か等によって違ってきますが、相手方が任意保険に入っている場合で、人損事故の場合、以下のような流れが一般的です。

@治療に専念
  ↓    後遺障害が残った場合、後遺障害の等級認定が必要です
A保険会社から示談金額の提示
     ↓
B示談金額に納得すれば示談成立
   ↓
C示談金額に納得ゆかなければ、訴訟提起等
     ↓
D和解ないし判決

 示談金額の妥当性、後遺障害の等級認定の妥当性については、弁護士にご相談ください。

 法律相談ご予約 TEL:03-5501-2151 相談料 30分 5250円


まずはお電話にて、
法律相談をご予約ください。
イオロイ
五百蔵洋一法律事務所
TEL:03-5501-2151
執務時間:9:30〜18:00