後遺障害認定について

 後遺障害障害の認定は、症状固定後となります。

 症状固定とは、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた医療を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態を指します。


@ 症状固定後、担当医師に後遺障害診断書を作成してもらう。
    ↓
A 後遺障害診断書を添付して、保険会社に書類を提出する。
    ↓
B 保険会社が後遺障害診断書等を損害保険料率算出機構に送付する。
    ↓
C 損害保険料率算出機構が、後遺障害等級(非該当)を判断。
    ↓
D 保険会社に後遺障害等級(非該当)認定の結果を送付。
    ↓
E 保険会社から、被害者に認定結果を送付。

 認定に結果に不満がある場合、異議申立ができます。

 異議申し立てには、後遺障害に関する専門知識が不可欠ですので、弁護士に相談することをお勧めいたします。

 法律相談ご予約 TEL:03-5501-2151 相談料 30分 5250円




まずはお電話にて、
法律相談をご予約ください。
イオロイ
五百蔵洋一法律事務所
TEL:03-5501-2151
執務時間:9:30〜18:00