加害者への刑事責任の追及

 交通事故に遭われた被害者は、加害者に対して、今までにご説明したような民事責任(損害賠償)の追及の他に、刑事責任を追及したいと思われる方も多いと思います。


 運転者は、刑法上、被害者が死傷した場合には、自動車運転過失致死傷罪の責任を問われる可能性があります。
法定刑は7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金です(飲酒等の悪質な場合は、もっと重い責任が問われる可能性もあります)。

 最近では死亡事故(それに匹敵するような重大事故)の場合で、スピード違反、酒酔い運転、無免許運転などの悪質な事案の場合、実刑判決になる可能性も高くなっているといえます。

 しかし、必ずしも警察に告訴状や被害届等を提出したからといって、加害者が起訴されるとは限りません。(もっとも,不起訴処分に不服の場合,被害者は,不起訴処分とした検察官が所属する検察庁の所在地を管轄する検察審査会に審査の申立てをすることができます)。

 また、起訴といっても、比較的軽い怪我で運転者の過失が小さいような場合には、略式起訴(略式命令請求)といって、正式な裁判手続ではなく、簡易な手続(書面審理)によって罰金が科せられるのみということも多いといえます。

 さらに、起訴された場合(正式な裁判(公判)請求)であっても、加害者に前科前歴がない場合で、加害者が自分の過失を素直に認め真面目に反省しているような場合には、判決に執行猶予が付くことが多く(執行猶予付判決も有罪判決です)、その場合加害者が刑務所に入ることはありません。

 民事裁判と刑事裁判とでは、刑事裁判の方が事実認定の方法が厳格なため、民事上損害賠償責任が認められたとしても、必ずしも刑事裁判で有罪とならない場合もあり得ます。
被害者が加害者の刑事責任を追及し、満足な結果を得ることは、容易ではないといえます。しかし、結果はどうであれ、とにかく加害者の刑事責任を追及したいという被害者もいらっしゃるでしょう。また、特に重大な交通事故被害者の場合、何とか刑事責任を追及したいというのが本音だと思います。

 加害者の刑事責任を追及する際の手続については、弁護士にご相談ください。 

 法律相談ご予約 TEL:03-5501-2151 相談料 30分 5250円

まずはお電話にて、
法律相談をご予約ください。
イオロイ
五百蔵洋一法律事務所
TEL:03-5501-2151
執務時間:9:30〜18:00