養育費、財産分与、慰謝料

養育費


 子どもの面倒を見ることになった側は、単純にいえば収入の少ない側から多い側に対して、子どもの養育費を請求することが出来ます。
その額は、現在は家庭裁判所でも用いられている「養育費算定表」に基づいて決められることが多いといえますが、具体的事情に応じて修正されることも少なくありません。

財産分与
 
 財産分与とは、結婚後夫婦間で築いた財産を、婚姻解消に伴って清算することです。もっとも、財産分与は単純に財産の折半ではなく、離婚に至った経緯が重視されるだけでなく、離婚後の生活を扶養する意味で、あるいは慰謝料的な意味で増額・減額の修正がなされることがあります。

慰謝料

 離婚に至る経過でどちらかに一方的な非がある場合、慰謝料も請求することが出来ます。慰謝料の額は、有責性の程度や、収入などにより事案により幅があります。

 個別のケースについては、弁護士にご相談ください。

 法律相談ご予約 TEL:03-5501-2151 相談料 30分 5250円
まずはお電話にて、
法律相談をご予約ください。
イオロイ
五百蔵洋一法律事務所
TEL:03-5501-2151
執務時間:9:30〜18:00