マルチ商法・ネットワークビジネスのトラブル

 マルチ商法・ネットワークビジネスは,簡単に言えば,商品を販売しながら会員を勧誘すると利益が得られるなどとして、消費者を販売員にして、会員を増やし,ピラミッド型の商品流通組織を構築して商品を販売していく商法です。
 「会員になると会員価格で商品が買えてお得」「知り合いを紹介していくだけで必ず儲かる」などと勧誘されて始めるパターンが典型です。この商法で売られる商品は,食器,浄水器などの日用品や健康食品,化粧品等多種多様です。 なお,マルチ商法の場合,商品の販売がなされているという点で犯罪行為であるネズミ講とは区別されます。
 マルチ商法・ネットワークビジネスにおいては,勧誘の問題点も多く,実際には利益を上げることができないことが多いことなどからトラブルが生じることも多いといえます。

対処法

クーリング・オフ
 業者から契約書面を受領した日(一定の場合は,商品の引き渡しを受けた日)から20日以内であれば,無条件で解約できます。書面に不備があった場合,期間経過後もクーリング・オフが可能です。

契約の取消
 業者が事実と違うことを告げた(不実告知)ことにより,消費者が誤認し,契約をしてしまった場合は,その契約を取り消すことができます。

中途解約
 マルチ商法の場合,通常加入者は,商品を次々に販売していくという連鎖販売契約と商品自体の販売契約を締結しますが,加入者は,クーリング・オフ期間を過ぎた場合でも,将来に向かって連鎖販売契約を解除することが可能であり,また,商品の引き渡しを受けてから90日を経過しておらず,商品を再販売したり,使用したりしていないなど一定の要件を満たす場合は,商品の販売家約自体も解除することができます。

 法律相談ご予約 TEL:03-5501-2151 相談料 30分 5250円



まずはお電話にて、
法律相談をご予約ください。
イオロイ
五百蔵洋一法律事務所
TEL:03-5501-2151
執務時間:9:30〜18:00